コメント大歓迎!ご意見、質問等ありましたら気軽にコメントして下さい。

スノーボードで抱え込みターンの仕方。これが出来たらどこでも滑れるようになるよ!

抱え込みのターンについて話したいと思います。前回のパウダーの滑り方の動画で触れたんですが、パウダー、コブ、急斜面を滑る時に必要なターン技術になります。

抱え込みのターンではターンの切り返しでヒザを抱え込む様にして体を小さくしてエッジを切り替えて、そこからヒザを伸ばしてターンをしていくというテクニックです。ヒザを抱え込んだ時に力を抜いて(抜重)、伸ばしていく時に雪面に圧をかけていく(加重)という感じです。

最初はまずターンのキレは気にせず出来るだけ体を小さくする事、出来るだけ体を大きく伸ばす事だけを意識してみて下さい。この体がどれくらい小さくなれて、どこまで大きく伸ばせるかという幅を広げておくと地形変化への対処の幅も広がります。

慣れて来たらなるべくズレないように意識して滑ってみましょう。ヒザを抱えて体が一番小さくなってる時に抜重して切り替えて、そこから板を押し出すようにしてターン前半は前足で雪面をとらえ、そこから後ろ足重心になるようにスムーズに重心移動する事でキレのあるターンが出来ると思います。

抱え込みショートターン

又、抱え込みでのショートターン(小さなターン)も練習してみて下さい。ここではキレを求めずターン後半はズラして滑ってみましょう。このターン後半のズレがコブを滑る時のスピード調節の練習になります。

コブでは山側でヒザを抱え込み、谷側で足を伸ばすといのが基本になるので、抱え込みのショートターンがそのまま応用出来るんです。

抱え込んで力を抜く、伸ばして力を加えるという感覚をしっかり身につけましょう!

最新情報をチェックしよう!