コメント大歓迎!ご意見、質問等ありましたら気軽にコメントして下さい。

スノーボードでパウダーの滑り方

今日は久しぶりのパウダーDayでした!やっぱりパウダー最高ですね、もうニヤニヤしながら滑っていました。

今日はパウダーの滑り方について書きたいと思います。
今でこそパウダー大好きですが、スノーボードを始めた最初のシーズンは、今でも覚えてますが大雪の日に北海道の富良野スキー場の「振り子沢」という圧雪されてない急斜面のコースに入った時のことです。

入るなりノーズが刺さりまくってゴロゴロ急斜面を転げ落ちて行きました。立とうとしては転がって海老反りになり、口には雪が入ってきて息が出来なくて苦しいし、ゴーグルには雪がついて何も見えなくて自分がどうなっているのかもわからず本当に死ぬかと思いました。
その後、そのシーズン中はもうそのコースには行きませんでした^^;

スノーボードするからにはパウダーを滑る気持ち良さを味わいたいですよね。
パウダーを圧雪されたバーンと同じ様に滑ろうとすると深い雪にノーズが刺さって転ぶというかひどい事になりますよね(笑

だからと言ってテール側に思いっきり体重を乗せてしまうとノーズは刺さらなくなるかもしれませんが板のコントロールが出来なくなってしまいます。そこで必要になってくるテクニックがあるんですがパウダーを滑る為のターンの方法があるんです。

それが抱え込みのターンです。
これはターンを切り替える時に膝を抱え込む様にして体を小さくして抜重し、その小さい体勢から体を大きく伸ばす様にターンをする方法です。

ちょっとこの僕の動画の滑り方だとわかりづらいと思うんですが、これも抱え込みのターンのテクニックを使って滑っています。
抱え込みターンのHow to ページはこちら
>>スノーボードで抱え込みターンの仕方

これはパウダーの時だけにしか使えないわけではなくて圧雪されたバーンでも出来るので、来たるパウダーの日を思い描きつつ、まず最初は圧雪されたバーンで練習してみて下さい。

このターンは急斜面を滑る時や、コブを滑る時にも使える滑りになるので是非習得して下さい。フリーランには必須の技術ですよ。

あともう一つ、板のセッティングですがセットバックを出来るだけ入れてみて下さい。それだけで大分滑りやすくなるはずです。
セットバックというのはバインディングをつける位置を両足ともテール側、後ろ側に下げてつける事です。

抱え混みのターンを習得してパウダーを気持ちよく滑りましょう!

最新情報をチェックしよう!