コメント大歓迎!ご意見、質問等ありましたら気軽にコメントして下さい。

スタンサーなんていらない!スノーボードのセッティングの仕方

少し前にスタンサーっていう、機械が自分にベストのアングル(バインディングの角度)とスタンス幅を出してくれるっていうのがYoutubeで話題になりましたね。

僕はカナダに住んでいるのでスタンサーに頼ることが出来ません。
なのでシーズン初めから試行錯誤し2月頭くらいにやっと『これだ!』というセッティングを決めることが出来ました。

ちなみに僕のスタイルはフリーランが主で大体ツリーランや沢などの自然な地形を滑っている事が多くスピードもかなり出す方です。携帯のアプリによると60Kmから80kmくらいは出しているようです。でもカービングも好きだし、最近は膝の調子がよくなったのでパークも始めました。

シーズン初めは前足が23度で後ろ足は−9度、スタンス幅は58cm、フォワードリーン(ハイバックの角度)は入れてなくて、ハイバックのローテーションも入れてませんでした。セットバックは先シーズンから最大にしてます。バインディングはバートンのジェネシスを使っています。

結果を行ってしまうと最終的に前27度、後ろ−6度で幅56cmに落ち着きました。フォワードリーンは6目盛中、前は4、後ろは6の全開にしました。前足を全開に入れてみたりもしたけど窮屈で膝の稼働範囲が減って動きにくく感じたのでやめました。4だと邪魔にもならずヒールターンの入りで良い感じにハイバックに頼れます。パークの時は前も後ろも3くらいにしてます。

ローテーションはエッジと平行になるように調整しました。これが結構大事で後ろのフォワードリーンを全開にするとダックスタンスの場合だと膝が外側に向かいやすく内側に入れずらくなって自由度が減ってしまうのでハイバックをローテーションさせる事でフォワードリーンが全開でも窮屈さが無くなります。

アングルをどうやって決めたかというと
前足は単純に滑っていて、もう少し前に振ってあった方が自然な感じがしたので23度から27度にしたらしっくりきました。不思議なんですが前にアングルを振ったのにスイッチが前より滑りやすくなりました。

後ろ足は今シーズンから骨盤を少し前に向けて滑るようにしたので、−9度だとそれがしにくかったので−6度に減らしました。それにプラスしてスタンス幅を58cmから56cmに狭めたらより自然に骨盤を前に目ける事が出来る様になりツリーラン、パウダーラン、カービングがしやすくなりました。
あと−3度も試してみたんですがレギュラーの滑りは変わらないのにスイッチがすごく滑りにくくてメリットがないと思いやめました。

と大体これくらいですかね。
機会があったら日本に帰国した時にスタンサーも試してみたいですけど、時間がたつと数値も変わるみたいなんで、自分でその都度考えて板のセッティングをするのも大事だと思います

最新情報をチェックしよう!